訪問看護サービスについて Service

学研版地域包括ケアシステム

学研がグループ全体で推進している重要な取り組みのひとつが「学研版地域包括ケアシステム」です。
これは、学研ココファンが展開する高齢者向け住宅を拠点とし、高齢者の住まい、看護・介護・障がい者福祉、子育て支援、医療・福祉コンテンツ、教育サービス、人材養成など、学研グループのリソースを一体化し、地域の施設や団体、行政機関と連携しながら、包括的に暮らしのサポートを行うものです。
住み慣れた場所で、安心して暮らし続けられるようにサポートいたします。

0歳から100歳を超えるご高齢者まで、
多世代が支え合いながら地域の中で安心して
暮らし続けられる街

0歳から100歳を超えるご高齢者まで、多世代が支え合いながら地域の中で安心して暮らし続けられる街

入院しない・させない看護、介護への取り組み

学研ココファン・ナーシングの特長のひとつは、介護職との密な連携です。学研ココファン・ナーシングは、グループ会社の学研ココファンが運営する高齢者住宅にステーションを併設、もしくは近隣に開設しているので訪問先の多くが高齢者住宅のご入居者様です。そのため、ご利用者様の情報を看護スタッフと介護スタッフがスムーズに共有することができる環境となっています。これにより、ご利用者様の様子に変化があった場合などにも素早い対応をとることが可能です。また、訪問の移動時間が短いことにより、その分ご利用者様にじっくりと向き合い、ケアや傾聴に時間を割くことを大切にできるのも大きな特長です。
グループ会社や協力機関としっかり連携し、「入院しない・させない看護、介護」を取り組んでいます。

入院しない・させない看護、介護への取り組み

24時間・365日安心を支える訪問看護サービス

医療処置だけではなく、健康管理や日常生活の介助なども
行い、
ご利用者様のニーズに合ったサービスを
ご提供することができます。

  1. 療養生活の相談・支援
    食事や運動、口腔ケア、排泄のケア、洗髪、入浴介助、清拭、陰部洗浄など。体調がよくなく、なんとなくケアに不安な場合は訪問看護でお手伝いができます。
  2. 病状や健康状態の管理と看護
    健康管理を行い、心身の状態に応じた対応や予防的支援を行います。
    また、ご利用者さんがご自身で体調の管理をしやすいよう、自己管理についても適切なアドバイスをさせて頂き、自己管理の支援もさせて頂きます。病気を悪くしない、これも看護の大事な役割です。
  3. お薬の管理の相談
    かかりつけ医の処方薬をきちんと飲めているかのご相談に応じたり、体調の変化があったときに先生に報告し、お薬についてもお話をさせて頂きます。
  4. 医療処置・治療上の看護
    かかりつけ医の指示のもと、点滴や注射たんの吸引、褥瘡(床ずれ)の処置や検査を行います。
    また、体調に変化があった場合は医師と連絡を取り適切な処置を行います。
  5. リハビリテーション
    日常生活に必要な筋力の訓練、運動能力の回復・維持のためのリハビリテーションや、褥瘡や肺炎などの合併症の予防、呼吸機能や食べ物を飲み込む機能の訓練などについて、助言や支援を行います。
  6. 病院から施設への移行支援
    退院後、自宅に戻るときや退院後に直に施設入居する場合も、病院との連携や退院後の在宅生活の準備・指導を看護師が行います。
    しばらくの間は毎日訪問しなくては心配な場合も、医師の指示書のもと2週間集中して訪問看護が入れます。
  7. ご入居者様への定期健康相談イベントなど
    まだ医療依存度が高くないご入居者様も気軽に看護師とお話ができる機会をつくったり、ご家族様もまじえての交流の場を設けたり施設側のご希望のカタチで看護師を身近に感じていただけるようにしてまいります。

「サービス付き高齢者向け住宅」

全館バリアフリーで、24 時間 365 日介護スタッフによる
緊急対応を提供しています。
介護施設とは異なり、プライベートな時間を大切にできる、全室個室の賃貸住宅です。

”ココファンシリーズ”
基本コンセプト

  • 入居一時金不要
  • 地域の家賃相場
  • 24時間365日の
    スタッフ対応
  • プライバシーに配慮
  • 介護・医療の安心
  • 食事の安心
サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅